スポンサードリンク

車高調とは

 「車高調」とは、「車高調整式ショックアブソーバー」の略称です。
 この「車高調」は自動車のサスペンションの一部で、主にコイルスプリングとオイルダンパーで構成されている減衰装置に、車高を調整するための機能が備わったものです。

 車高調をもう少し簡単に言うと、車高を調整できるパーツのことです。直巻きっていうスプリングとショックの組み合わせで、スプリングを留める部分が調整できるようになっています。

 「スプリング」と「ショック」を理解できないと、まだ車高調をイメージしづらいかもしれませんね。

■車高調のスプリング(サス)とは
 スプリングとは、名前のとおりバネのことで、地面からくる衝撃をやわらげるために車に付いています。

■車高調のショックとは
 バネは衝撃をやわらげてくれるけど、バネだけだと跳ね続けてしまいます。そこで、跳ね続けようとするバネを抑える働きをするのがショックです。


 ちなみに、「車高調」は聞いたことなくても「シャコタン」とは見た目がどんな状態の車か分かっている方は多いと思いますが、なぜ「シャコタン」と言うのか不思議に思ったことがありませんか?
 車高調で車高を下げた状態なので、漢字では「車高短」と書きます。納得しました。

 なお、車高調メーカーには、「JIC」、「クスコ」、「テイン」や「タナベ」などがあります。

車高調とノーマル形状

 車高調とノーマル形状の違いわかりますか。
 車高調はスプリングとショックの組み合わせだし、元々車にはスプリングとショックの形状(ノーマル形状)が付いています。
 車高調とノーマル形状には、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

■ 車高調のメリット
・車高調整のセッティングの幅が広いです。ネジ式の車高調であれば、ネジを回すことによって1mm車高落とすと言うように細かいセッティングもできます。
・直巻きのスプリングを使えます。
直巻きのスプリングはノーマル形状のように車種の縛りがないので、市販されている多種多様のスプリングを使えます。

■車高調のデメリット
・価格が高いです。ちょっと良いのは、10万円を軽くオーバーします。
・車高調のメリットでもあるセッティングの幅が広さが、初心者とって目的に合ったセッティングが難しくなる。


ノーマル形状は、車高調の逆と考えれば良いです。

■ノーマル形状のメリット
・価格が安い
・細かいセッティングが不要で、それでもってある程度の高性能が得られるので、取り付けが自体が楽です。。

■ノーマル形状のデメリット
・細かい車高調整ができない。車高のセッティングをできる幅は狭くなります。

車高調の読み方

 車高調って知っていましたか?初めて漢字を見た方は、自信を持って読める方はなかなかいないのでないでしょうか。
 僕が車高調を初めて知ったのは、つい最近です。車屋さんへオイル交換しに行き、待ち時間に別のお客同士が「しゃこうちょう」がどうのこうのと話していたからです。
 
 その時は、「しょこうちょう」て何のことかわなく、何となく話の内容からして車の足回りのことかなと思った程度でした。
 家へ帰んっても「車高調」のことが気になり、早速Yahoo!で「しゃこうちょう」と入力し、検索してみました。
 そうすると、『車高調 ではありませんか?』と表示され、そこで初めて「しゃこうちょう」って、「車高調」って書くことを知りました。
 僕はその時、検索してみて良かったと思いました。なぜなら、検索する前までは「しゃこうちょう」とは「車」の足回りが「好調」のことを言うのではないかと考えていたので、調べじまいに終わっていたら将来恥をかいてたと思います。
 
 その後は、ネット等で「車高調」をいろいろ調べるようになり、この「車高調」サイトでは僕が調べて分かった「車高調」のことを分かり易く解説して行きます。